シャトー・サンミッシェル(サンミシェル) リースリング コロンビアヴァレー [2017] (正規品) Chateau Ste. Michelle

シャトー・サンミッシェル(サンミシェル) リースリング コロンビアヴァレー [2017] (正規品) Chateau Ste. Michelle

  • モデル: d5854471a3547d06
  • 在庫状況:在庫あり
  • 1,242税込
数量:

商品情報

【2,310円→2,150円→1,590円→1,380円!】


△大反響御礼!登録全世界のリースリング(総計2,758本)
の中から【第一位】に選ばれました!(※2019年3月20日(水)更新分)


【2018.5追記/劇的価格改定!】 ちょっと吃驚です…。米国各方面のワインが値上げとなっている中、お蔭さまで好評頂いております当リースリングが、’16年より大幅値下げ!従来輸入元希望小売価格2,150円が、なんと1,590円に!これを受け、弊社特価も従来の1,780円より→1,380円に改定とさせて頂きました。従来定価からなんと一挙35%も値下がり…「税込みでも」1,500円を切るという脅威のヴァリュー・プライス。

’14年から’15年に切り替わる際にも2,310円→2,150円の輸入元価格改定があったばかりだというのに…。ワイナリーからの説明をそのまま書きますと、「世界戦略に応じたポジショニング変更による値下げ」とのこと。ちょっとこれだけではよく判らないのですが、ともかくこれほどの人気作に、これほどの値下げは稀も稀。大いに利用しちゃいましょう♪


これはもう…ブティック・キラー。
毎年安定感バツグン、デイリー・リースリングのお手本のような当アイテム。それもそのはず、『シャトー・サンミッシェル』 といえば全米リースリング・チャンピオンに複数度輝くこの品種の第一人者。スタンダード版といえども、そこには長年の経験と知識が詰まっているわけです。しかも上記追記欄にありますように、"大幅値下げ" まで加わり、従来価格でも十分だったのに、更なる費用対効果UP…恐ろしや。

サンミシェルではこの価格帯で、甘さによって三種のリースリングを手掛けています(冒頭画像左からドライ(辛口)/スタンダード(無印)/ハーヴェスト・セレクト(甘口))。うち、日本に正規輸入されているのは今作スタンダード版のみとなっております。

掘り出し物リースリングを探そうとするとき、最も大きな障壁となるのがこのサンミッシェルの存在。完成度が高すぎるのです。天邪鬼のヤナギヤとしては、これまでなんだかんだと難癖を付けてご案内を回避してきました。しかし、いよいよ付けられる文句が見当たらなくなってしまい、ブランドとしては最大手であり、面白みには欠けるのですが、もうご案内しない訳にはいかなくなってきております。

十分な酸と綺麗な甘み、そしてピュアな後味。入門編としても最適な、主張の強すぎないリースリングです。つい最近までは「これが千円台は優秀!」と申し上げておりましたが、前作からは「これが税込みでも1500円を切る」わけですからいやはや…。

大手がこれだけ上質だと、ティック・ワイナリーは本当にやり辛いと思います。小規模生産者殺しのリースリングです。



’12年では「日本で飲もう最高のワイン2014」にて、愛好家・評論家両部門で【金賞】受賞。’11年では同大会にてやはり愛好家・評論家両部門にて最高評価の【プラチナ】を受賞。’13年は【WE90点】。’16年はWE誌とW&S誌の両誌から【Best Buy】を受賞。

このワインに対する、「誰が飲んでも」「秀逸」という評判を覆すことはとっても難しいです…。この度ご案内の最新’17年も、サクラ・アワード【Double Gold】受賞です。

ヴィンテージが2017年になりました。【2019.3更新】

前作’15年はとろっとしたマスカットぶどうようのな甘味の風味がありましたが、’16年、’17年はよりピュアにさらりとした印象。魅力的で多彩なフルーツの色彩の豊かな点は変わらぬままやや甘味が抑えられ、リースリングの主張が弱まって、変わりにとっつきやすさや料理への相性が増した印象です。

ワイナリーではこの値下げに際し、「中身は変わっていない」と言います。ただ、個人的にはやや小ぶりになったかな、という印象を受けます。とはいえ、この値下げ幅はその目減り分以上に大きく、費用対効果はむしろ上がったのではないでしょうか。税込みでも1500円しないのですから…。

事実、サクラ・アワード2019で、米国産【Duuble Gold】受賞作品の「最安獲得品」がこのワインでした。


(→その他のサクラ・アワード受賞ワインはこちら)

果実甘味がナチュラルで、ほのかな甘味は質も良く、よほど「リースリングは超辛口で」と限定される方でなければ、どなたにでも楽しんで頂けると思います。上品で爽やかなジューシーさの心地良い口内への広がりも十分です。一方で果実の核の旨みの強さや、リースリング独自のキャラ(灯油香など)は控えめとなっておりますので、それを思い切り堪能する場合にはほかの選択肢を。

和食さえ除けば、エスニックや中華は勿論、あらゆるお料理にもマッチングしてくれそうな奥ゆかしさがあります。キャッチーな味わいは、女子会でも活躍間違いなし?

また、毎年のことですが、リリース直後に微発泡感がある場合がございます。口当たりが気になる場合には、抜けるまで少し時間を置いてみてください。

因みに’13年の試飲は(当時の)同価格帯である 『パシフィック・リム』('12)、『シー・グラス』('12)、『パライソ』('09)らとブラインドで行いましたが、やはり頭一つ抜けた出来でした。悔しいけれど旨い、憎たらしいほどの完成度。私共の感じる残念さは、そのまま皆様のプラスになるはずです。

このコスパは・・・ブラボー!

【USW】【RIE】【WAS】
■264本完売! 24本追加いたしました。
■ワインエンシュージアスト誌【Best Buy】
■サクラ・アワード【Double Gold】
■スクリューキャップです。コルクはついておりません。